部品の交換で直る場合

水漏れが起きた際には必ずしもプロに頼まず、自分でも部品交換をするだけで直るケースがあるのです。例えば水道や洗面所、浴室などで蛇口周辺から水漏れをする場合には、蛇口の交換や各種パッキンの交換で水漏れが直ることも少なくありません。パッキンが劣化するとしっかりと水を止めることができませんので、どうしても水漏れを起こしてしまうのです。

蛇口の内側には必ずパッキンがありますので、このパッキンを新しいものへと交換してみましょう。お手洗いの水漏れに関しては様々なケースがありますが、単純に水洗レバーからつながっているチェーンが緩んでいるケースや、ここでもやはりパッキンが劣化しているケースなどがあります。

またお手洗いの場合には水の量を調節するボールがありますが、このボールの位置が変わってしまうことでも水漏れを引き起こしてしまうのです。様々な原因があるので、まずは自宅でも直せる水漏れかどうかをチェックしてみましょう。最近はネットでも簡単に様々な水漏れの症状についてチェックすることができるようになりました。自分で簡単に水漏れを直すことが出来れば、水漏れ修理業者に依頼する必要がなく高いお金を支払う必要もありませんね。また、水漏れに対する知識を持つことができるため同じような水漏れの際には冷静に対処することができるでしょう。


Back to Top